気(プラーナ)は誰にでも見えますよ

晴れた空を見上げているとき

空気中のキラキラ うようよした存在に気がついてはいるものの、

一体何だろうはてなマークと思ってる方は多いと思います。

それは何といいますと、宇宙エネルギーのプラーナ
(インドでの呼び方)であり
気(東洋での呼び方)です。

以前から晴れた空を見ていると空中に光り輝くうようよしたものが

見えていまして、なんだろうなとは思っていました。

その時は、自分は凡人で、超能力もないし

気のせいと思ってました。

それがバーバラブレナンの光の体験という本を読んで

それは大気中のプラーナという

説明文がありましてやっと解決しました。

この光は、ひと粒ずつを見る事も出来きます。

太陽を背にして、明るい空に向かって目の焦点を20~30センチにして、

そのまま凝視していると、

まるで生き物のように小さくうねっては消えていく光の軌跡が見えるのです。

晴れている日はプラーナめちゃくちゃ元気ですが

少し見えにくいかもしれません。

白い雲が一面の明るい空の方がキラキラキラキラは見えやすいかもです。

少し寄り目にすると見えるかも知れません。

全く見えないという方は3D(立体画像)見方を練習すると見えやすくなります。

これが見えたからと言って特別でもなんでもありませんが、

その延長上にチャクラが見えたり、人や植物のオーラが見えたりと

いったことができるようになります。

ようはだれでも訓練次第で、そうゆうことができるようになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です