六爻占術という占い

以前占いに興味がありまして、友人から強く勧められていた

森田健さんがやっています

「六爻占術」

なるものをやっていました。

 

四柱推命、陰陽五行、紫微斗数等いろんな

占いがある中なぜ六爻占術に興味を

ひかれたのかといいますと

単純にすごくよく当たる占いだから

といわれたからです。

 

これはチャネリング、リーディングに興味の

ある私はそれに代われるものとして占いも良いなと思い

勉強するしかないと思いまして、

早速テキスト取り寄せました。

 

やり方は、この3枚のコインを6回ふって、

その裏表の数などで吉凶を占うという

方法です。専用のコインを使うこともありますし、

日本では10円玉を使ってもOKだとされています。

3枚のコインを6回投げて、

裏側の出た枚数をもとに「卦」を作ります。

そして十二支と五行で表現された日付が、

卦の中にある占いの対象に与える影響を判断していくという方法になります。

 

その時に、無になってコインを振るのが大事ということでその状態で

振るとよく当たるといわれました。
(森健さんでいう6次元の世界みたいな)

 

しばらく勉強していると

勝負事の占いでは、結構当たりました。

野球の試合、サッカーの試合とか

たぶん私が興味がないから余計な雑念が入らな方からだと思います。

 

それ以外では、卦の判断がよくわからずに

やらなくなってしまいました。

紹介してくれた友人も、その頃には飽きたのかやっていませんでした

 

占いを長年やっていたお世話になっている波動測定の先生に

六爻占術のことを聞いてみると

いわゆる断易(五行易)と呼ばれるもので

特に目新しいものではないとのことです。

 

当たるときもあれば、当たらないときもある。

六爻占術だから当たるとか当たらないとかはありません。

また、うまい人は当てるし、下手な人は外します。

とのことでした。

 

やっぱりなーという感想でした。

占いが好きな人が、上達するように

私は人の体の状態を見て判断することが上達していっています。

自分がずっと続けられるもの
が上達のコツです。

飽きたらそこまでのことです。
良い経験になります。

やってみて面白くて続けられそうだったらGOですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です