汗の意味

今年の夏の暑さは異常です。
何をするにも常に汗が噴き出てきます。

ここで汗について
汗を何でかくかといいますと
「汗は体温をさげるためにでる」
からです。
汗で体温を下げるとそのあとに体温低くなります。
そこで血流が悪くなり頭痛発生したりもします。
体に冷えがある方が、大量の汗をかくと
体温が低下して冷えがさらに悪化してしまいます
なのでサウナやホットヨガには向いていません。

冷えを取ろうとしてやっていることが逆に体に負担になっていること多くあります。

 

反対に、冬に体が冷えて出てくるのは尿です。
汗と尿は逆の働きをします。
寒いと全身の血管が収縮します。
すると血管内に水分を多く含めなくなるから
その分を急いで腎臓から排出します。
しかし腎臓には塩分の再吸収システムがありますから
塩分をあまり含まない薄い尿が出ます。

汗は塩分がそのまま出てしまうので体温が下がるのです。
なのでサウナや半身浴で汗を大量に書くと体温が低下して
逆に冷えてしまうのです。

ホットヨガを体験したことがありますが、
真夏なのに外に出ても全然暑くありませんでした。

低血圧になっていますからその状態に慣れてしまったら
今頃体がおかしくなってたかもしれません

体温を挙げて冷えをなくすには
「遠赤外線」
がおすすめです。
ポイントは汗をかかないように温めることです。
遠赤外線で大量に汗をかいてしまったら体温も下がってしまいます。
日向ぼっこをしているくらいの暖かさで

全身特にお腹、腰回り足裏を温めると良いです。
その結果、冷えもなくなって免疫力と修復力高くなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です