ボキっとした骨格調整は必要?

お客さんに良く骨格調整、骨盤調整でボキボキとか首をゴリッと
やるのイメージが強いと思われますが
骨の歪みをなおすには、強い力が必要ということはないです。
また特殊なベットにわざわざのって矯正される必要も
ありません。
それが好きでしたらやったらいいと思いますが。

骨が歪むというより支えている筋肉のバランスが悪くなり
結果骨が歪んでいるように見えます。

手の重みで添えているだけで
いとも簡単に歪みが取れてしまいます。
ソフトな圧とはどの程度かといいますと
人のほっぺに軽くふわっと添える位です。

強く振れると神経が刺激され身体が警戒してしまっています
施術を受ける人が心地よさを感じる添え方がベストです。

呼吸を見ていますと深い呼吸になっています。
手を添えると皮膚の下に硬い骨を感じます。

しばらく触れているとバターが解けるような感じで
緩んできます。その感覚は
最初は動いているのかわからないと思いますが
何回か経験をつめば感覚わかるようになります。

頭の骨でやるとわかりやすいと思います。
頭に軽く触れていると何か風船が膨らんだし
しぼんだりしているような感じつかめると思います。
頭が固い人はそれがないのでわかりずらいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です