たんぱく質足りてますか?

またトレーニング系が流行っているのか

(以前はブートキャンプでしたが)

ヨガ、クロスフィット、ワークアウト等

アクティブなトレーニングの情報が良く目にはいってきます。

そこでトレーニングは大事です。

が、

その後の栄養補給ももっと大事です!

 

トレーニングと言ったらプロテイン!

 

プロテインって何ですかといいますとたんぱく質です。

三大栄養素でたんぱく質、脂質、炭水化物は体を動かすエネルギー
のもとになります。

人のからだは筋肉や骨、皮ふやかみの毛や

爪、脳、内臓、血液などからつくられています。

その全ての部分の材料となっているのがたんぱく質です。

それ以外でも

ノンアドレナリンなどの神経伝達物質

精神の安定に欠かせないセロトニン

神経の興奮を抑えるGABAも

たんぱく質から作られてます。

酵素、ホルモン、皮膚や軟骨に弾力を与えるコラーゲン

の材料でもあります。

 

たんぱく質が不足すると

1筋肉が減少する結果、高血糖になり胃腸も虚弱になる

2神経伝達が正常にできなくなるために意欲や記憶力が低下し脳が委縮変性する

3貧血になり免疫力も低下する

4皮膚や血管や軟骨骨の弾力が失われる

5肝臓に死亡が蓄積し肝炎肝硬変になる

6酵素が不足して代謝の悪い体に

 

になってしまいます。

たんぱく質は足りないと筋肉を分解して補われるため筋肉が減ってしまいます。

体温を維持するための基礎代謝は筋肉が70%を占めているなので

筋肉が減るとカロリー消費量も下がって糖が燃焼しにくいからだ

(肥満体質)になってしまいます。

 

体温を上げるにはたんぱく質が最も有効です。

炭水化物と脂肪が4~5%しか熱を作らないのに対して

たんぱくにつは20%も熱を生み出します。

体温を上げるにはたんぱく質の多い食事をしたほうが良いです。

(冷え性の方はたんぱく質の量少なく炭水化物多いです)

 

たんぱく質の必要量は体重1キロにつき1.5gで

体重60キロの人では1,5グラム×60キロ=90g

必要です。

又たんぱく食いだめ出来ないため、毎日必要量取る必要があります。

必要以上のたんぱく質は腎臓から排出されてしまいます。

じゃあ何でたんぱく質を取ればいいかといいますと

肉や魚がベストです。

 

ハムソーセージミートボール、かまぼこ、はんぺん、なると

などの加工食品は本当に

良い会社以外のところは添加物まみれですので、食べないほうが良いです。

添加物が体の中の良い腸内細菌を減らしてしまって

悪い腸内細菌をふやす原因となってしまいます。

いくらたんぱく質を取っていても体内環境が悪くなってしまっては意味ないです。

 

なかなかトレーニングして筋肉や体力つかない人は

もしかしたらたんぱく質が足りていないのかもしれませんので

もう一度食事内容見直してみてはいかがですか?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です