今週のビックリドッキリメカ

http://www.ohmasa-gas.org/

最近びっくりする技術を紹介している
とあるブログみました。
水から作られる新燃料のガスです。

そこで紹介しているものは
大政ガス(OHMASA-GAS)といって

特殊な振動攪拌するによって水をガスに変えてしまうのです。
日本テクノさん御技術である水を電気分解することによって

二酸化炭素ゼロのクリーンなエネルギーが発生するそうです。

一体どうやって、水からガスを作るかといえば、

それには低周波の振動によって

水を特殊な羽で撹拌(かくはん)して乱流を発生させ、

そこに電気分解を起こすと水の中から

安全な酸素と水素の結合体のガス(大政ガス)が発生します。

 

大政ガスの特徴としては

・耐漏洩性に優れている
・核汚染水が7時間で完全に無害化
・超高温にならず実用向き
・電気分解することによって放射能が元素変換されべつの金属になって                                                            水に出現する(セシウムがプラチナに変換)

これが日本発のテクノロジーとして完成しているのです。

大田区の下町の中小企業がつくっています。

 

これだけすばらしい技術もなかなか世の中に広まらないのは

誰かがストップかけているのかなんて疑います。

特に除染関係は、それがすでに利権ビジネスにもなっているらしいので、

本当に放射能を消される技術が出てしまうと困ってしまうとかなんとか。

 

ニコラ・テスラの電気関係の発明も広がっていれば

今頃違った世の中になっていたかもしれません。
一人の人の発明で世の中の常識が簡単にひっくり返ります。

常に常識を疑う癖と素直な心矛盾するようですが

今の時代必要です。

 

一部の人が物、金、情報を独占する時代は終わり

シェアの時代に変わりつつあります。

自分の情報与え続けた人がどんどん豊かになっていく本当の時代が来ました。

 

自分が持っているもの情報どんどん出していきましょう。

そして要らないものもどんどん捨てていき身軽になりましょう。

 

身体もこころもスッキリする整体やってます。

ご予約はこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です