インフルエンザワクチンはお好きですか?

寒さが増して
風邪をひきやすい時期になってきました。
そこでよくニュースで

インフルエンザが流行るよ~

今年は何型が流行るらしい見たいな

ニュース放送しています。

それを見た皆さんはどうしますか?

ワクチン打ってしまいますか?

 

インフルエンザなんか罹ったら

仕事にも行けない学校にも行けない大変だーなんて事になります。

が、

そのインフルエンザワクチンがどうやら怪しいです。

何が怪しいかって

それを打った子供たちが自閉症になる確率がとても高いらしく

ワクチン接種率の高い地域ほど自閉症発症率が高いそうです。

そのワクチンにはいろいろな物質が含まれていて

特に自閉症を引き起こす物質が含まれているそうです。

 

科学者のガッティ博士とモンタナリ博士は

ワクチン内にある汚染物質が含まれていることを発見しました。

銅やアルミニウムがワクチン抗原に結びついてできる

危険なたんぱく質を発見しましたが、それ以外にも鉛、ステンレススチール

鉄などの微粒子や他の無機物質が

44のワクチン種のサンプルの中に発見されたそうです。

 

そんなワクチンに適用される病気は破傷風、ジフテリア、

百日咳、はしか、おたふく風邪、風疹、水ぼうそう

それに髄膜炎、B型肝炎、脊髄性小児まひだそうです。

 

日本でも、最近風疹が流行っているとニュースでやっていますが

(本当に流行っているかはわからないですが)

風疹で不安を煽っておいて

ワクチンを人になんとか打ってもらおうと虎視眈々と狙っています。

 

商売でも、不安を煽ってそれを解決できる商品

ありますよ~といって販売するスタイルと一緒な感じです。

 

最近

ワクチンに関するドキュメンタリー映画
「MMRワクチン告発」

が急遽中止になりました。

その映画の中で、自閉症の有病率の最も高いのは

日本であることが示されているとのことです。

あのトランプ大統領もワクチン接種が

自閉症スペクトラムの原因になっていることを指摘しています。

またワクチンと自閉症の繋がりを暴露した研究者が

突然の失踪の後死体で見つかったそうです。

 

製薬会社の闇は深そうです。

 

それでも打たないと不安でしたないというあなたは

打ったら良いと思います。

打つ打たないにしろ

インフルエンザに罹ったら2,3日安静にしてれば

峠は越えると思います。

仕事学校休めて良いじゃないですか。

常に身体整えておけば大事には至りません。

そんな整体やってます。

ご予約はこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です