健康情報に左右されない

一般的な健康情報や知識は
間違っていることはよくあります。

時代によって変わったりその時の流行りものでも
事実というものは一瞬で変わっていきます。

ただ多くの人に共通する教えだったり
多くの人が認識している
そんな情報は十分に注意した方が良いです。

コレステロールなんかの数値や減塩、
炭水化物は主食に対して6割とか
野菜を250gとろうとか
今では、怪しくなってきていますし

炭水化物は体に良くないので

たんぱく質と脂質だけでよいとか

いろんな情報出回っています。

 

そんなことしなくても結構私は健康です。

(もしかしたら気のせい?)

 

学術的なことでも数年前と比べると
全く違うことが正しくなったりと
あっという間に変わってしまいます。

マスコミの情報で出ている内容は
都合の良いようにコントロールされているから
国民に広まっている教えが
正しいのか嘘なのかは
実際に調べたり
実践してみないとわからないことが多いです。

 

とくに健康系のネタは
個人差が大きく出でますし
疫学であったり因果関係だったり
完全な結果を出すのは難しいです。

 

例えばお水でも
いろいろ調べていると、

クラスターが細かいほうが良い

とか

波動が高い水が良い

とか

除去率が高いから良い

だとか

効くだの効かないだの

いろんな情報出てきます。

 

 

 

水道水は塩素が入っていてよくないといいますが

今はかなり技術が高くなって東京のお水とか

かなり良くなっています。

実際に東京の水道水

ペットボトルで売られていたりもします。

 

 

 

 

 

建物が古くて中のパイプが古い場合は、お水の質が

下がるかもしれません。

いろんな浄水器やらピッチャー型の良いお水

試してきました。

どれも正解だと思いますが

最終的には、飲み方が大事です。

 

 

 

 

 

それは、口に含んで少し唾液が混ざるような感じで

ゆっくり飲む

です。

噛むようにすっくり飲んだほうがごくごくと飲んでるよりも

しっかり身体の隅々にお水が行き渡ります。

 

食事も同じです。

よく噛んでいただくとしっかり食物の

栄養を細胞に届けられやすくなりますので

よく噛む癖付けたほうが良いです。

 

新しい健康情報に左右されずに

 

普段の生活や習慣を見直すだけで十分に健康になれますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です