考えるな、感じろ

http://dwcges.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
スプーン曲げと超能力

ーコズミックディスクロージャーさんから引用ー

 

 

 

 

 

 

昔ユリゲラーがスプーン曲げテレビでやっていて
見たことある方いますか?
超能力ブームの走りです。
その後日本ではエスパー清田さん出てきてブームになった記憶があります。

 

 

 

 

 

当時は真似事をよくしましたが、一回も曲げられたことありませんでした。

周りにも簡単に曲げられた人はいなかったです。

この超能力?を生かしてロッキード社は
チタンを加工していたらしいです。

ロッキード社は、そうした能力を持つ人間を集めて、

チタン合金の板を念の力で柔らかくして、プレス加工してたそうです。
ピート・ピーターソン氏はそのような能力を持つ人たちを集めるために、

「スプーン曲げパーティー」

と称する集会を開いて、スプーン曲げのやり方を人々に教えてきたそうです。
引用元の記事によりますと、85%の人はスプーンが曲げられるとのことで、

曲げられない15%の人たちは、
スプーンを曲げることに罪悪感があるなど、

心の中に

“何かしら小さな原因がある”

らしいです。

スプーンを曲げることと、金属を曲げることに違いはないらしく、

金属の種類とか大きさは関係ないそうです。

 

ここで不思議なのは、こうした超能力を持つ人たちが、ロッキード社のために、

“4年ほど上手に仕事をこなす。それ以上はできなくなる”という事です。

 

できなくなる理由は、

彼らが

「考える」

ようになってしまうからだと書かれています。

何も考えていないときは簡単にできるのに、

考えるようになると出来なくなってしまう。

 

自転車や車の運転と同じで

慣れたら考えて運転している人はいないと思います。

(違う考え事はしていると思いますが)

それが当たり前と思っていると

そうなります。

 

“何も考えない”人は、簡単にスプーンを曲げられるということで、

このような超能力は、もう超能力ではなく常能力かと思います。

出来て当たり前、出来ないとできない理由を考え

頭が回ってしまいます。

そこで

考えれば考えるほど、肉体感覚を止めてしまいます。

ブルースリーも

don`t think feeeel!

と映画の中で言っていましたが

意味が最近わかりました。

 

 

 

 

思考を働かせないで、リラックスした状態でいることが

あなたの本来の能力を十分に発揮させられることができます。

その延長上にスプーン曲げができたり

他の何かサイキック的なこともできたりもするかもしれません。

 

身体を緩める
心を穏やかにする

 

この2点が
あなたの潜在能力を発揮するための条件です。

身体に緊張はないですか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です