基準が変わると

高血圧患者が急増? 成人も「130/80」に目標変更へ
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/15/030900003/110200196/

「高血圧」と診断する基準を10ポイント引き下げる――。

昨年、米国の学会が24年ぶりに

高血圧の診断に関する基準を変更し、大きな衝撃が走った。

しばしば「上の数字」「下の数字」と呼ばれる

血管の収縮期と拡張期のそれぞれの血圧を「140/90」から「130/80」に引き下げたからだ。

米国の高血圧患者は推計で7220万人。

診断基準の引き下げで患者は一気に1億330万人に増えることになった。

診断基準を引き下げた主な根拠は臨床試験の最新データで

「130/80」以上でも脳卒中などのリスクが増えると分かったためだ。

米国の基準引き下げを受け、2019年春にガイドラインの

改訂を控える日本でも議論が進んでいる。

もし米国と同様に引き下げれば、高血圧患者は現在の4300万人から

2000万人増えて6300万人になる。日本の総人口の半分、

成人の6割が「高血圧」になってしまう計算だ。

ー日経グッデイ 2018/11/08ーから引用

 

 

アメリカの学会が24年ぶりに血圧の基準をかえました。

基準を変えたことで高血圧患者は一気に増えたそうです。

 

 

 

 

 

日本は、診断基準を変えないという方針で

正式な決定は来春になるそうですが、どうなりますかね。

なんでも基準やルールを変える事にはメリットデメリットあります。

 

今回の件では、基準を変えただけで高血圧患者が増えてそれに合わせて

治療も薬も必要になってきますから米国の病院関係はウハウハではないでしょうか。

またがん患者さんとかも基準変えられたら明日からあなた

がん患者になって治療が必要ですよと言われるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

最近、私のところに

「健康診断受けましょう、早期発見早期治療」

という手紙市からよくきますが、無視しています。

→FE(フロントエンド)無料の健康診断

→がん発見される(本当に?)

→BE(バックエンド)がんの高額治療

→人生エンド

という流れでがん患者にさせられて
しまうかもしれませんしされないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

また自分の価値観、収入、人間関係を変えたかったら
自分より幅広い世界観、ルールを持った人に会いに行けばよいです。
自分の価値観基準があっという間に変わります。

もっと楽しく生きたいのでしたら、自分の価値観基準を理想の人に近づけましょう。

本来人生に基準なんてないのかもしれませんが・・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です