木刀の素振り=ラットプルダウン

皆さん筋トレしてますか?
してない?
必要ないのでしたらやらなくても良いと思います。

肩こり腰痛が慢性的な人にお勧めなのが
筋力を強くするのではなく筋肉を柔らかくする
方法お伝えします。

 

 

 

 

 

筋トレは筋肉を鍛える強くするというイメージで

やっている方がほとんどだと思いますが、
今回はそれではなくて
すっごく軽く速く力を抜いて回数をこなす
筋トレというか筋肉マッサージです。

庭先でよく木刀を素振りしている人を見かけることがありませんか?
今時殆どいないと思いますが。

 

 

 

 

 

この木刀の素振り、剣道の人以外にも実は健康法のひとつとして
知る人ぞ知るみたいな方法なんです。
腕の上げ下げを軽い負荷でやることによって
関連した筋肉に刺激が入り活性化します。

素振りに使う物は、木刀以外にも棒きれでもいいですし箒でもいいと思います。

ただ~~し、先に刃の着いた桑とか鉈とか鎌は止めておきましょう。
(あぶね~から)

素振りというと、剣道の基本的な訓練のひとつです。
また、野球やテニスにおいても、

それぞれバットやラケットを使った素振りが基礎練習としてあります。

木刀の素振りを行う場合、まず腕と手が重点的に鍛えられます。
はじめはそこばかり意識して使うからです。
その後、腕ばかりが疲れるようになると、

今度は体全身を上手く使って振るような工夫が必要になってきます。

その工夫ができてくると自然と腕と手の力が抜け、

体感から伝わるような腕と身体の使い方になってきます。

いわゆる合気上げの練習にもなります。

 

そうなると、素振りとしての技術も向上しますが、

何より全身運動となり、上半身に良い刺激を与えます。

 

10分くらい早い人で5分くらいで身体がポカポカしてきます。

野球のバットやテニスのラケットでも原理は同じです。

ただし、

両手を持って正面から振り下ろす竹刀や木刀のほうが、

体のバランスには良いです。

 

両腕の上げ下げをやる際、

それに近い運動もあります。

 

それが良くジムなどで置いてある

ラットプルマシンです。

 

 

 

 

 

ラットプルダウンで鍛えられる筋肉は、背中の大きな広背筋と、

背中と肩の下の間にある大円筋です。

また、ラットプルダウンは肘や肩、

肩甲骨の関節の動きを含むマルチジョイント運動なので、他にもサブとして、

上腕二頭筋、三角筋後部、僧帽筋、菱形筋など多くの筋肉を一度に鍛える効果があります。

と狙った筋肉にガツンとききます。

 

と詳しい筋トレ方法はその道のプロに効いていただいて、ここでは

ラットプルマシーーンを軽く速く長時間使う事によって

主に背中の筋肉全体が伸縮することによって、肺周りや骨盤の中にまで効いてきます。

 

上半身の筋肉がめっちゃマッサージされます。

 

 

 

 

 

目安は、一番軽い負荷で(2,5キロ位)5分以上やると終わった後に身体の内側からジーンという感覚が

広がってきて温かくなります。

両手を上下に上げ下げするだけで上半身のマッサージになってしまいます。

 

(余談ですが両手をそろえるだけで、骨盤や姿勢があっという間に

整ってしまいます、わずか10秒。そういう整体習いました)

 

デスクワークや同じ姿勢の方に特におすすめします。

かたまった背中や首肩周りをやさしく刺激してほぐしてくれます。

 

筋力をつけるのではなく筋肉をセルフでマッサージ出来るので、

木刀振りとラットの軽く速く動かすトレーニングは、

強く硬い筋肉というよりもふわふわした柔軟な筋肉をつくれますので

身体が何をやっていても柔らかくならねー

どしたらいいの?

なんて方、是非トライしてみてください。

慣れてきますと、すぐに体に火が付いたように
熱くなりますので痩せたい方とかにも良いと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です